About us

 


2016

フランスでのキャリア

1969年、料理人のCAP(職業適正証)を取得し、ラ・ロシェルのホテル専門学校で学んだあと、パリのフランス料理店の厨房でコミとして働き始める。

1974年、22歳のときにジョエル・ロブションに認められ、「コンコルド・ラファイエットホテル」(当時ミシュラン一つ星)の開業に携わり、ロブションの右腕として活
躍。1978年、「ジャマン」(当時ミシュラン二つ星)のシェフに就任し、3年間二つ星を維持する。

1981年、当時ミシュラン三つ星の「トゥール・ダルジャン」のオーナー、クロード・テライユより、厨房の指揮を執るよう依頼され、若干29歳にして三つ星シェフとなる。この頃から日本との関係を築き始め、東京のトゥール・ダルジャン開業にも携わる。7年に渡り、三つ星を維持する。

パリで20年間キャリアを積んだブシェは、生まれ故郷であるシャラント地方、モスナックにホテル・レストラン、「ムーラン・ド・マルクーズ」を開業し、オーナーシェフ兼ビジネスディレクターに。2年目に二つ星がつく。それから8年後、パリの中心、コンコルド広場に佇むパラス、「ホテル・ド・クリヨン」の総料理長に就任、メインダイニング、「レ・ザンバサドゥール」(当時ミシュラン二つ星)他、ホテル内の食にまつわるすべての指揮を執る。1999年、フランスの料理専門雑誌『Le Chef』(ル・シェフ)主宰の、フランス中のシェフ、パティシエ、ソムリエによる投票で《今年のシェフ》に選ばれる。

30年間ガストロノミー界を牽引してきたブシェは、2004年、ホテル・ド・クリヨンを離れて独立、パリ8区に自分の名を冠したちいさな店、「レストラン ドミニク・ブシェ」をオープン(ミシュラン一つ星)。


海外での仕事

美食にまつわる仕事で、アメリカ、英国、ベルギー、オランダ、シンガポール、スイス、モロッコ、タイ、トルコ、日本、ウルグアイ、レバノン、イタリア、中国に赴く。

2001年には日本航空ファーストクラスの機内食の監修を任される。

2004年、日本に自身の会社「Atelier DY」を設立、アドバイザーとして、名古屋の結婚式場「Marriyell」など、日本の複数の企業と仕事をする。フランスでは2009年にDBコンセイユ・インターナショナルを設立。

2013年、東京の銀座5丁目にレストラン「ドミニク・ブシェ」をオープン。開業からわずか4ヶ月でミシュラン二つ星に輝く。

2015年、銀座一丁目に移転オープンと同時に店名を「ドミニク・ブシェ トーキョー」と改める。こちらも開業から4ヶ月でミシュラン二つ星を獲得。

2016年、東京の銀座5丁目にビストロ「レ・コパン」をオープン。